エクセル(Excel) ファイルが破損しているため開くことができません。※解決

エクセル(Excel)
この記事は 約2 分で読めます。

ネットワーク上の共有フォルダーの中のエクセル(Excel)ファイルが突然

「ファイルが破損しているため開くことができません。」

と出て開けなくなったときの対処方法です。

どのファイルを開いても、「ファイルが破損しているため開くことができません。」と出るときは本当にファイルが破損しているのではなく
設定で対処できることがあります。

やってみてください。

概要

症状

  • マイクロソフトOfficeのファイルで開いた時にこの症状が出ます。
  • エクセル(Excel)、ワード(Word)など。
  • 他社のアプリで開くものは開ける(PDFなど)

対処方法

  • 保護ビューを無効にする
  • ※方法は下記に図入りで解説

気を付ける事

  • セキュリティの設定を少し甘くするため、この設定を変更したことを頭に入れておくこと。
  • ※自社のセットワーク内で、変なファイルが無いことを前提としています。
  • ※マクロの自動実行は念のため、必ず切っておいてください。

ホーム → オプション

トラストセンター → トラストセンターの設定

インターネットから取得したファイルに対して、保護ビューを有効にする
安全でない可能性のある場所のファイルに対して、保護ビューを有効にする

この2つのチェックを外して、「OK」、「OK」と閉じて行く

これで、再度ファイルを開いてください。

タイトルとURLをコピーしました