PageSpeed Insightsの数字改善の為、Autoptimize だけでも入れる意味

プラグイン
この記事は 約2 分で読めます。

PageSpeed Insightsの数字が悪い時

どうしていいか分からないが改善したい時。
これだけでも入れたら、数字が改善します!!
※「Autoptimize」は素晴らしいプラグインです。

PageSpeed Insightsで計測

PageSpeed Insights

googleに最適なサイトを作るために、
まず、サイトの表示スピードを計測します。

下記画像は実際の私のサイトです。
数字は「43」で、改善の余地が大きくあります!

ここから、「Autoptimize」だけでどれだけ改善するか
お見せいたします。

Autoptimizeのインストール

プラグインの新規追加画面

Autoptimize と入力すると一番に出てきますので、
インストール→有効化

Autoptimizeの設定

設定から「Autoptimize」をクリック

以下の画像の通り、チェックを入れて保存してください。

最初の「JS、CSS&HTML」タブ

変更を保存してキャッシュを削除
「追加」タブ
Googleフォントの削除にチェック

変更を保存

上記変更だけで、改善しました。

もちろん、まだまだやることはありますが
最低限これだけでもずいぶん違いますので
やってみてください。

 

うまく表示しない時

「JavaScript コードの最適化」のチェックを外して保存してみてください。

私のサイトは広告や色々重たくなることをしているので、数字が思うように上がりませんが。

あまり手を加えていなかったりすると「100」に限りなく近い数字が出ますのでやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました